及川です。


前回情報ビジネスは特別なビジネスではないという記事において、人にものを買ってもらうためには
自分が売りたい商品に対しての情報を顧客に与える必要があるということをお伝えしました。


今回はそれに関してもう一歩踏み込んだ具体的な内容について言及していきたいと思います。


それではいってみましょう。



人間がものを買いたくなる心理状況とは



ビジネスをしていく上で一番大切なことは、
何よりもまず「いいコンテンツを作る」ということです。


ラーメン屋さんならラーメンを、お寿司やさんなら寿司を
そして僕たちのような情報起業家ならば情報といった具合に、
売り物の質を高めるということは大前提になる話でしょう。

(このコンテンツ作りに関してはまた詳しく解説します)


そして、その良いコンテンツを作るということの次に大切になってくるのが今回お話する


"購買心理への誘導"


というものになります。


購買心理とは読んで字の如く、顧客がこの商品を買いたいという心理状態のことです。


凄腕セールスマンと呼ばれる人なんかは顧客をこの状態に導くのが非常にうまい。


極論をいってしまえば、この心理誘導スキルを習得してしまえばどんなものでも売れるわけです。

(ゴミのような商品を売りつければクレームはきますが笑)


今回はそのスキルについて言及していくのですが、
その前にあなたに一つ質問したいと思います。


人間がものを買いたくなる心理状態ってどんな状態だと思いますか?


少し考えてみて下さい。


なかなかわからないという人は、自分がものを買いたくなる心理状態ってどんな時だったか思い出してみると案外簡単にわかりますよ。


・・・・


・・・・


・・・・


・・・・


・・・・


・・・・


はい、オッケーです^^


では答えを発表しましょう。


人間がものを買いたくなる心理状態っていうのは


「そのもの自体ではなく、そのものに付随している情報に反応した時」


その時に人間はものを買いたくなるのです。


詳しく説明しましょう。


例えば見た目が全く同じサラダが二つ置いてあったとしましょう。


一方は野菜サラダとだけ表示されているサラダ。


そしてもう一方は"天然野菜のオーガニック"サラダとパッケージしてあったとしましょう。


もちろん値段は互いに同じ。


どうでしょうか。


あなたはどちらのサラダを買いますか?


おそらくほとんどの人は後者のサラダのはず。


しかし、なぜでしょう。


見た目は全く同じなのに、なぜ人間は後者を選ぶのか。


もうお判りですね。


そう、人間はそのもの自体に価値を感じるのではなく、"そのものに付随している情報"に反応して購買意欲が生まれるからです。


つまり、顧客にものを買ってもらうためにはより魅力的で他にはない付加価値、
情報を顧客に与えることさえできれば人は簡単にものを買ってくれるのです。



あなたが発信する情報に反応するターゲットを探す



人間がものを買う心理状態とは、そのものではなく
そのものに付随している情報に反応した時だということは理解して頂いたと思います。


では、次にセールスをかけるターゲットの設定ということに関して言及していきましょう。


セールスをかけるターゲットの設定とは、
どのような相手に対してものを売っていくのかということ、
そしてあなたの発信する情報に反応する顧客を探すことです。


例えば、世界最高品質のバットを販売する時にその情報を卓球選手に与えたところで反応する人はほとんどいないと思います。


いたとしても稀です。


逆に最高級の卓球ラケットの情報を野球選手に与えたところで同じ。


それはなぜかということに関しては答えは簡単です。


そう、それは"その情報に反応するターゲットではないから"ということだからです。


これはネットビジネスでも同様で、転売で稼ぎたい人に対してアフィリエイトの情報を発信したところで意味がないし、逆も然り。


つまり大切なことは、情報発信あるいはセールスをかけていく際に


どのような層に

どのような人に対して

どのような情報を発信して


その価値を与えていくのかということ。


そして、そうなってくると同じアフィリエイト市場であっても
トップアフィリエイターにビジネスする場合と、
ネットビジネスのネの字も知らない人にビジネスをする場合とでは、
発信する情報は全く違ってくるはずです。


まぁ、これって冷静に考えれば誰でも「いや、そんなこと当たり前やろw」
となるようなことなのですが、これができていない人が本っっっっ当に多い。


そして、それができていないにも関わらずに稼げないと嘆く人。


僕がアドバイスした例だと、これがほとんどできておらず
徹底してこのことをして頂いたら即座に売れたみたいなのも日常茶飯事だったりします。


もし、今回言及したことに関して心あたりがあるなと思った人は、
その辺を意識しながらコンテンツなり、記事なりを書いていってみて下さい。


それだけで反応率が飛躍的に向上したり、
成約率が上がることも多いに期待できるはずですよ。


では。



>情弱と言われていた僕がたった1年で1000万プレーヤーになれたメソッドとは


岸田のメールマガジン配信中


shuhoudokuji

29800円の岸田独自アフィリエイトノウハウをプレゼントしています。
ほぼコピペで稼ぐ、誰もやっていない”裏手法”です。
ご希望の方は以下のフォームよりご請求下さい。

>PDFファイル請求はこちら